川北英隆のブログ

家のビワを食べる

何年も前、もらったのか買ったのか忘れたが、ビワを食べた。大きな種がある。試しにその種を土に埋めたところ、芽が出た。花が咲き、今年始めて実がなった。・・・

続きを読む

2018/06/16

JRグループの体質なのか

昨日、JR東海の噂を書き、いくつか思い出したことがある。1つは僕のゼミ生のこと、もう1つは通勤に使っていたJR東日本のことである。・・・

続きを読む

2018/06/15

新幹線殺人事件とJR東海

最近、街を歩いていると狂っていそうな輩をよく見かける。そんな一人が新幹線で「誰でもいいから」と刃物を持って暴れた。新幹線での移動は安眠の時間だと決めている僕も、事件以降は近くの席に座る乗客を見定めてからでないと寝つけない(かな)。・・・

続きを読む

2018/06/14

ハタンキョウを収穫して食べる

昨日の蛾の写真もそうなのだが、昨日は郡山に行き、庭の植木の手入れを少しした。でも、主目的は(2週続いて行ったのは)ハタンキョウの収穫である。・・・

続きを読む

2018/06/13

毛虫にめっちゃ刺される

先日、実家に帰って庭の手入れをしていると、母親の植えたツバキが丸坊主になっていた。毛虫である。母親が好きだったのでツバキが複数本あり、何本かに毛虫がたかっていた。・・・

続きを読む

2018/06/12

老人雇用は無駄な残業と同じ

例外はあると断りつつ書くと、老人雇用は日本の残業と同じであると思ってしまった。会社にいることが善だという風潮の延長にすぎない。働くべき時にしっかり働き、しっかり稼ぐ。会社はそれにしっかり報いる。この当然の仕組みが日本社会に欠落している。・・・

続きを読む

2018/06/12

人生せいぜい80年時代

先日、政府の「人生100年時代」なんてキャッチフレーズは変だと、酒を飲んだ席で息巻いた。前にも書いたように、僕はそう思っている。もう一人もそういう意見を持っていたから、ついつい大声で喋ってしまった。個室だったから傍に迷惑をかけなかったはずだが。・・・

続きを読む

2018/06/11

百里ヶ岳でアカショウビンを

少し時間的にタイトだったので、百里ヶ岳のまとめとも言うべき鳥の声のことを書けないままだった。結論は、托卵三姉妹のことで僕にとって新しい発見があった。それと、より重要なのはアカショウビンの声を初めて聞いた。・・・

続きを読む

2018/06/10

ヤマボウシ雑感

百里ヶ岳では白い花が目立った。先日の大文字山も、紹介したようにネジキが満開で、これも白い。この季節は白い花が多いのだろう。・・・

続きを読む

2018/06/07

京都の和食は最低だったりして

日本食が好きである。とくに野菜と魚かな。油揚げも(コン)。母親の実家が農家だったこともあり、子供の頃から食卓に野菜が豊富だった。丼鉢に山盛り、そのくらい食べた。・・・

続きを読む

2018/06/06

グアテマラのフエゴ山

ネットを見ていると、グアテマラの首都の近く、フエゴ山が噴火し、多数の死傷者が出ているとのこと。「ひょっとして観光で見た山では」と思い、調べた。・・・

続きを読む

2018/06/05

百里ヶ岳-2

小入谷のバス停で降りる。明るく開けた沢の横である。目の前の橋をわたる。水路に沿って広い道を歩く。堰堤が見え、その下に橋が架けてあるので渡る。ここから登山道が始まる。・・・

続きを読む

2018/06/05

百里ヶ岳に登る-1

今年は鈴鹿のシリーズだと宣言しながら、今回も琵琶湖西岸の山と言うべき百里ヶ岳に登った。地域として比良の延長でもある。琵琶湖にある鮎の供給基地、安曇川から路線バスで朽木(くつき)に入り、さらにそこからコミュニティバスで登山口まで入る。・・・

続きを読む

2018/06/05

キッコーマンの国際化とは

先日、京都大学においてキッコーマンの茂木名誉会長に講義を担当してもらった。あまり知られていないが、キッコーマンの海外売上高比率は6割、海外利益の比率はさらに高い。・・・

続きを読む

2018/06/03

久しぶりの大文字山とネジキ

久しぶりに大文字山に入った。1ヶ月少しが経っている。山は完全に初夏の雰囲気になっていた。木陰はさすがにまだ涼しいが、吹く風は生暖かい。・・・

続きを読む

2018/06/03

日本郵政は投資に値するのか

さるところの議論で、日本郵政グループの経営が話題にのぼった。日本郵政、関心がないので見ていなかったが、業績が優れず、自己資本利益率(ROE)が低迷しているらしい。確認すると、確かにそうである。・・・

続きを読む

2018/06/01


トップへ戻る