川北英隆のブログ

マキノから三国山へ

マキノの山を歩くには高島市のコミュニティバスを使うのが便利である。スキー場まで歩けない距離ではないが、京都からだと湖西線のマキノまで遠い。さらにそこから歩くのは時間のムダである。タクシーは遠くから呼ぶことになるし。・・・

続きを読む

2018/05/23

マキノの山を歩く

またまた暇を見つけて山歩きをした。「今年は鈴鹿に集中」とか言いながら、今回は比良の北の続きでもあるマキノにした。鈴鹿に連続していくのも芸がないと思ったので。・・・

続きを読む

2018/05/22

何がセクハラやパワハラか

何々ハラスメントという言葉をよく見かけるし、ハラスメントで辞職に追い込まれた役人もいたし、それをかばう暴言もあった。そもそも何がハラスメントになるのか。・・・

続きを読む

2018/05/22

レユニオン島の噴火

たまたまネットを検索していたら、レユニオン島が4月末に噴火したのを確認できた。書いたと思うが、4月初めに訪問した時は噴火が収まっていた。おかげでピトン・ド・ラ・フラネーズのカルデラに立ち入ることができた。それは一時的だったようだ。・・・

続きを読む

2018/05/19

鈴鹿の花イワカガミ

昨年は比良、今年は鈴鹿の山歩きを重点目標としている。比良は花崗岩質の山である。これに対して鈴鹿は今のところ石灰岩質が多い。そのせいか、花が少し異なるようにも思う。・・・

続きを読む

2018/05/19

失礼なヤツかな

竜王山に向かう途中、913メートルのピークで尾根が三叉路状に分かれることを書いた。注意深い(?)僕としては、しばらく歩いてから、「一応確認かな」と思い、木陰でリュックを下ろした。登山用の帽子も脱いでリュックのそばに置いた。と、事件が起きた。・・・

続きを読む

2018/05/19

友人とバブル期以来の再会

古い友人からメールが来た。数年前の年賀状に、「いずれ京都に住みたい」と書いてあった。今回のメールはその続きみたいなもので、「京都市内に住んだので」とあった。・・・

続きを読む

2018/05/18

竜王山へ

綿向山山頂で軽い昼食を楽しんだ。クマバチがぶんぶん飛び、優雅な一時だった(このハチはちょっかいを出さないかぎり大人しい)。昼食の後、竜王山を目指して北に尾根をたどる。・・・

続きを読む

2018/05/18

綿向山へ

北畑口で町営バスを待っていると、登山者を乗せたチャーターバスが通り過ぎた。西明寺口(西明寺村の下にある登山口)でバスを降りると、チャーターバスと登山者が10数名たむろしていた。西明寺口には登山者用トイレがあり、団体はそれを使っていたようだ。・・・

続きを読む

2018/05/18

鈴鹿の綿向山から竜王山へ

天候を見計らい、鈴鹿の綿向山から竜王山へと歩いてみた。昨年は45年ぶり近くの比良、今年は大学時代からの懸案だった鈴鹿の年になろう(勝手に計画してるだけやんか)。・・・

続きを読む

2018/05/16


最近の記事

バックナンバー

トップへ戻る