川北英隆のブログ

バルパライソに足を運ぶ

サンチャゴから少し遠出したのがバルパライソである。1818年、チリがスペインから独立すると、バルパライソがチリの表玄関となり、交易の町として栄えたが、1914年、パナマ運河の開通によって繁栄が終わったとある。今でもかつての繁栄の痕跡がある。・・・

続きを読む

2019/08/10

サン・クリストバルを歩く

泊まったホテルと学会の会場の間に横たわっている丘はサン・クリストバルと呼ばれている。標高880メートル、市街地との高度差は300メートル弱である。・・・

続きを読む

2019/08/09

お盆の大混雑への疑問

今日、東京に日帰りで出張した。お盆休みの入り口、東京駅の構内は大混雑だった。普段多いサラリーマンと違い、爺さん婆さんが多いから(そんなこと言えた年齢かって?)、また子供連れが多いから、そんなのがまごまごしているため、余計に混雑していた。・・・

続きを読む

2019/08/09

サンチャゴ市内の散策

時間を見つけ、せっかくのサンチャゴなので市内を散策した。主な見所は旧市街にある。泊まったのが新市街なので、地下鉄(1号線)を利用して旧市街に入った。すぐである。・・・

続きを読む

2019/08/08

悪魔が潜むワイン蔵

学会の懇親会でサンチャゴ近郊のワイン醸造元を見学した(自費を払って)。市内中心部から南南東35キロ位である。訪ねたのはコンチャ・イ・トロ(Concha y Toro)である。・・・

続きを読む

2019/08/08

リクシル事件と弁護士

サッシ、建材、住宅機器などの大手メーカー、リクシル(LIXIL)で事件があった。6/25に株主総会が開催され、取締役選任の議案に関して会社側提案と株主提案が対立した。結果は、株主提案が薄氷で勝利し、昨年に社長をクビになった瀬戸欣哉氏が返り咲いた。・・・

続きを読む

2019/08/07

チリの食事は砂糖と塩とウニ

チリの食事はどうだったのか。肉もあり、魚もあり、ワインもありで美味そうだったのだが、実際のところは少しがっかりだった。でも、魚介類は堪能できた。・・・

続きを読む

2019/08/06

学会とチリの大学

今回の学会はチリ、ディエゴ大学のMBA用校舎で催された。調べるとそういうことなのだが、事前には主催校に関する興味もなく、会場だけを直前に確認した。・・・

続きを読む

2019/08/06

白い峰々アンデスと対面

チリの細長さについて、「国境は人為的なもの」と書いた。チリのような細長い国を国境で作ったのは人間である。とはいえ、海岸からたかだか200キロ程度の距離に延々と国境が続くのは、国境になりやすい山脈、アンデスが平行しているからである。・・・

続きを読む

2019/08/04

郵便局のおとぎ噺

チリから帰り、急ぎ郵便貯金を引き出した。預けておくと何をされるやら。というのは冗談だが(こう断っておかないと本気にされかねないし)、かんぽ生命保険の不正は、「今年の夏は暑いし、怖いし」と、高齢者の時候の挨拶になっても不思議でないくらいの衝撃だった。・・・

続きを読む

2019/08/04


最近の記事

バックナンバー

トップへ戻る