川北英隆のブログ

現代版桃園の誓い

20年少し前だろうか、それぞれ別の金融機関に勤めていた3人が、「今後は互いに助け合おう」と誓った。『三国志演義』での劉備、関羽、張飛の3人みたいなものである。「20年くらい前」で「3つ」というと「みずほ」を思い出すかもしれないが、それではない。・・・

続きを読む

2021/10/16

京都駅付近からの朝日峯

京都駅近くのビルを訪問する機会がった。応接室に案内されて待っていると、窓の外に北山が広がっていた。愛宕山の大きな姿の右に、ひょっとして先日歩いた朝日峯方面が見えるのではないかと思った。・・・

続きを読む

2021/10/15

鴻の巣山

今週の山は簡単に済ませた。ノルマ的になってしまい、疲れたこともある。また今週は天候と仕事の都合が難しそうなこともあった。加えて、土曜日の山歩きのパターンから脱したいとの思いもあった。そこで鴻の巣山にした。「どこの山や」というところか。・・・

続きを読む

2021/10/13

新政権は優先順位を付けよ

新しい内閣が発足した。「これなら菅さんの方がましかも」「今度は大衆迎合になるのでは」との予感もする。そうならないように頑張ってもらいたいものだ。というのも、日本の経済は土俵際に追い詰められているから。・・・

続きを読む

2021/10/12

高雄山を往復して嵐山へ

峰山からは栂尾高山寺のすぐ南に下りた。高山寺をまともに拝観した記憶はなく、今回もまたパスして神護寺まで歩いた。最初の300m近くは国道を使わざるを得ない。狭いから混雑する道路である上に、ダンプも通る。クマに出会うのと同じ程度に危ない区間である。・・・

続きを読む

2021/10/11

峰山を越える

朝日峯から先、峰山方面はガイドブックにも紹介されているコースである。朝日峯から南への下りは快適で、まさにハイキング的だった。西に愛宕山、竜ヶ岳、地蔵山の山並みが大きい。・・・

続きを読む

2021/10/11

朝日峯へ

タカノスからの下りは難しかった。南に下るのはわかっていたのだが、目に入った踏み跡をたどると西尾根を進み、すぐに踏み跡も怪しくなる。GPSで間違いを確認し、山頂に戻り、木立の隙間から南へ一気に下ることにした。これが正解で、踏み跡も出てくる。・・・

続きを読む

2021/10/11

タカノスへ

前回登った半国高山と同様、朝日峯もアプローチが不便なために登り残していた。2005年、愛宕山から地蔵山と竜ヶ岳を歩いた時、朝日峯も目に入ったが、立ち寄るには遠すぎた。・・・

続きを読む

2021/10/10

朝日峯と峰山を越えて高雄へ

今週の山(これを書いている前の週)の山は、またまた周山行きのバスを利用した。どうも仕事と天気とのタイミングがずれているので、前週に続いて土曜日の山歩きである。・・・

続きを読む

2021/10/10

日本年金機構から届きました

噂の日本年金機構から「年金振込通知書」が届いた。約100万件が誤送されたとされる通知書である(多分)。・・・

続きを読む

2021/10/08

日本は天然資源の豊かな国

先日、「家族信託ガイド」(第23号)という雑誌に依頼され、「地方再生手段としての信託」という巻頭言を書いた。・・・

続きを読む

2021/10/08

白木谷山を経て向山を越える

白木谷山から氷室の村までは退屈なコースだった。ピークもないし、疲れが出てくる頃だし、道もそれなりに整備されているし。・・・

続きを読む

2021/10/06

岩屋山から白木谷山へ

広葉樹林の中の岩屋山の最高点(680m)から下り、登り直すと670mの等高線のピークである。ここで尾根が2つに分かれる。南東に進めば持越峠、北東は薬師峠である。どちらにも同じような踏み跡が付いていた。・・・

続きを読む

2021/10/05

半国高山を越して岩屋山へ

JRバスの周山行きで半国高山を目指す場合、最寄りのバス停は小野郷口なのだが、正確に調べていなかったので、次の小野下ノ町で下りてしまった。国道を300mばかり戻り、小野郷口のすぐ右手(北側)の林道から供御飯(くぐい)峠を目指した。・・・

続きを読む

2021/10/04

半国高山から貴船方面へ

今週は高雄(高尾ではない)の奥から、登り残していた半国高山(669.8m)に入った。その足で白木谷山(565.4m)に登り返し、さらに向山(426m)を越えて叡電貴船の手前の駅、二ノ瀬に下りた。実のところ、この歩きでの最高地点は岩屋山(680m)だった。・・・

続きを読む

2021/10/03

カナリア諸島の火山噴火

9/19、カナリア諸島のパルマ島で火山が噴火した。クンブレビエハ(Cumbre Vieja)火山である。噴火は1971年以来とか。このパルマ島、世界各国が天文台を設置し、宇宙を観測している。それがどうなったのか、まず心配した。・・・

続きを読む

2021/10/01


トップへ戻る