川北英隆のブログ

株式は長期投資で決まり-4

前回は長期投資における企業選別の重要性を指摘した。当然この企業選別の重要性は株価指数においても起きる。そこで、日本を代表する株価指数である東証株価指数(TOPIX)と日経平均株価を比較しておきたい、・・・

続きを読む

2022/06/28

株式は長期投資で決まり-3

株式の長期投資の場合、投資する企業の選別が重要となる。次にこの点についてコメントしておきたい。・・・

続きを読む

2022/06/27

株式は長期投資で決まり-2

前回のブログ「株式は長期投資で決まり-1」に2つ付け加えておく。配当の効果と、企業の選別が重要だとの事実である。まずは配当の効果を考えておく。・・・

続きを読む

2022/06/27

株式は長期投資で決まり-1

6/22に「安く買い高く売るは不可能」と書いた。つまり「短期の売買で利鞘を得よう」と考える全投資家の損得を足し合わせればマイナス(損失)でしかなく、競馬や宝くじと同様に賭博であり、投機だという事実である。この逆が株式の長期投資である。・・・

続きを読む

2022/06/26

大石不動院

大石幼稚園前のバス停に出たところ、次のバスまで1時間余裕があった。深野まで急げば間に合ったように思える。とはいえ暑さで足を動かすのが億劫になっていた。時間を潰す算段はできていて、隣りのバス停(不動前)まで歩き、大石(おいし)不動院の見学だった。・・・

続きを読む

2022/06/26

白猪山を周遊する

白猪山には複数のコースがある。今回は夏明から登り、矢下に下った。夏明からの登りにも2つあるのだが、メインの道(西コース)はコンクリートで固く、歩きにくいと直前に読んだ。そこで東の尾根道を選んだ。・・・

続きを読む

2022/06/25

白猪山と近鉄の利用

2週間ぶりに山を歩いた。とはいえ左足の古傷の状態がよくわからないから慣らし程度にしようと思い、いくつか組み合わせることはしなかった。場所は、三重県松阪の少し奥にある白猪山(しらいさん)である。昨年に訪れた局ヶ岳の手前にある。・・・

続きを読む

2022/06/25

安く買い高く売るは不可能

株式投資のことをあるセミナーで話した。株式投資の基本は「これぞと感じた企業の株式を長期間保有すること」に尽きる。世間が考えているように「安く買って高く売れば大儲け」なんて、毎回可能なわけがない。・・・

続きを読む

2022/06/22

夏至に咲く

昨日は夏至だった。雨模様ながら、季節のギアが入れ替わった。・・・

続きを読む

2022/06/22

住友林業に思う

日経の名物コラム「私の履歴書」、今月は住友林業の元社長である。(失礼ながら)名前を調べると矢野龍さんである。住友林業は就活で会社訪問した企業だから興味がある。・・・

続きを読む

2022/06/20

羊羹を買いに鶴屋吉信へ

手土産に京都の和菓子をと考えた。日持ちなどの点で羊羮だろう。ところが小豆中心の棹状の、つまり昔ながらの羊羮は京都でもめったにお目にかかれない。寒天中心のものはあるが、少し違う。・・・

続きを読む

2022/06/19

府立植物園を歩く

まさに植物園を歩いた。先々週の大文字山をガンガン下ったのがたたり、左足の古傷を痛めてしまった。このため先週は山歩きを自重し、府立植物園を歩いた。・・・

続きを読む

2022/06/19

池尾和人と語る

昨日、「池尾和人先生と語る会」に出席した。『池尾和人と語る』(文藝春秋)の上梓日でもある。アマゾンでも展示されている。・・・

続きを読む

2022/06/19

銀行口座を開くのは大変

理由があり(あたりまえか)、一般社団法人を設立した。研究やコンサルタントなどを行える。法的な手続きは司法書士に頼んだ。6/1付で設立できたので、銀行口座を作る作業にとりかかった。ところが面倒である。・・・

続きを読む

2022/06/17

企業は真の人材多様化を図れ

友人と話していると(そんなに頻繁に話すんかいな)、日本は文系人材を妙に重視していて、理工系の人材を蔑視していると嘆いていた。その結果、数学をはじめ論理的能力のない、暗記と過去に囚われた人材が企業、政治、行政のトップを占め、それらを没落に導くのだと。・・・

続きを読む

2022/06/17

どっちのお願いを聞くの

政府は国民にいろいろお願いしてきている。新型コロナに関しては、感染対策としての細かなお願いが届いている。電車に乗ると、そのお願いへの対応として「窓開け」されていることが多い。在来線や地下鉄がそうである。・・・

続きを読む

2022/06/16

老後は余呉に住んで

昨日の夕方、大阪は梅田で某組織(といっても秘密結社ではない)の会合があった。10人少し出席していた。そのメンバーに新旧の交代があり、挨拶の後は近況報告になった。・・・

続きを読む

2022/06/14

大学メールがトロイの木馬に

大学から警告が来て、誰かがトロイの木馬に引っかかり、子トロイの木馬を撒き散らしているらしい。トロイの木馬に引っかかったパソコンやスマホは、そこに保管されていたメルアドを盗み出される。その結果トロイの木馬が拡散される。・・・

続きを読む

2022/06/14

ちょっと考えろや京都地下鉄

昨日はスマホの写真を整理した。すると、いずれ使おうと思って撮ったのに、そのままのものがいくつか出てきた。そのうちの1枚が京都市営地下鉄である。・・・

続きを読む

2022/06/13

クレジットカードが使えない

クレジットカードで思い出したのは「使えない」事件である。カミさんが洗濯機を買い替えた。ドラム式が嫌いなので、10万円未満である。某量販店のネット上に欲しい機種があったので購入手続きをしたところ、事件が起きた。・・・

続きを読む

2022/06/11

紙通知のWEB化で怒って

紙ベースでの通知がインターネット上での通知に切り替わっている。多くは大賛成なのだが、中には「変やん」と思うものもある。賃金明細書とクレジットカード利用明細書である。両方とも、法的にはともかく(問題ないと確認しているのだろうが)、道義上は変である。・・・

続きを読む

2022/06/11

急速な円安はどうなる

ドル円相場の明日が「どうなる」と問われても、答えは「わからない」でしかない。「そんなん、わかったら大金持ち」である。でも長期的な方向感としては「さらに円安が進むのだろう」であり、「日本人として円安に備えるべきだ」と答えるしかない。・・・

続きを読む

2022/06/10

大文字山の梅雨前

昨日は研究室で仕事を片付けた後、大文字山を越えて帰宅した。今週は忙しく、また天気との相談もあり、適当な山を歩けそうになかったから。・・・

続きを読む

2022/06/10

ヒマラヤスギの雌花

昨日、研究室の近くの大学構内で、ヒマラヤスギの雌花というか、松ボックリ(正式には松かさ、ヒマラヤスギだから杉ボックリ?)の子供を見つけた。・・・

続きを読む

2022/06/10

アシダカグモと久々に再会

今日、用事があり、研究室に出掛けた。ついでに郵便物を片付けていると、怪しげな影が下の方で動いた。「何者」も思い、目を凝らすと懐かしい姿があった。見慣れた姿よりも小さかったが。・・・

続きを読む

2022/06/09

郵便局の逆走・暴走

友人がメールで怒っていた。相手は郵便局である。2つの事件があったそうだ。1つは郵便物のこと、もう1つは郵便振替のことである。・・・

続きを読む

2022/06/08

松尾寺を経て小泉へ

山頂から南に下る。100メートル少し歩くと分岐に出る。右に行けば白石畑、左は切通を経て松尾寺である。とりあえず松尾寺に向かった。切通はその名の通りだった。その先で松尾寺の境内に入り、三重塔を見つつ、本堂の横に出た。・・・

続きを読む

2022/06/06

松尾山へ

矢田山の最高点から峠に戻り、さらに南に歩いて松尾山を目指した。松尾山は矢田丘陵の中で一番目立つ山である(と言っても大したことはない)。それが矢田丘陵の最高峰でないのは少し残念である。・・・

続きを読む

2022/06/06

矢田山の最高点と三角点消失

矢田寺の北は墓地であり、簡易のお遍路道になっている。イノシシ避けを通り、道は西向きになって谷筋を上がっていく。池(露ナシ池)の横を通り、一登りすると稜線上の峠に着く。この峠から、その300メートルほど北にある矢田丘陵の最高点を往復した。・・・

続きを読む

2022/06/06

矢田寺への道

近鉄郡山駅でM君と待ち合わせ、矢田寺前行きのバスに乗った。バス停は駅から数分歩く。分割された郡山小学校の跡地にある。その小学校の卒業生ながら、バス停を使うのは初めてだった。矢田寺前行きのバスはアジサイのシーズン中、臨時増発するそうだ。・・・

続きを読む

2022/06/04

矢田丘陵を歩く

矢田丘陵は奈良県北部、生駒の東側にある。大和郡山市と斑鳩市に属す(奈良盆地側から見た場合)。標高340mが最高点だから、文字通りの丘である。ただし歴史がある。奈良と大阪を結ぶ峠道が幾重にも越えていた。寺社も多い。・・・

続きを読む

2022/06/03

配当重視の経営と投資は誤り

昨日は金融庁が中心となって定めるコード(企業や投資家の行動原則)に関連して、東証株価指数(TOPIX)を模倣する投資(いわゆるパッシブ運用)が矛盾を抱えていると書いた。これは金融庁が主催する会議での僕の発言である。その場で、次の2つも指摘した。・・・

続きを読む

2022/06/01


トップへ戻る