川北英隆のブログ

山と仕事の両立

家庭と仕事の両立が重要となっている。同時に、趣味と仕事の両立も重要である。とすれば、鼎立か。この鼎立の観点からすると、通産省に出向していた2年間はすばらしかった。・・・

続きを読む

2018/11/15

大文字山と中尾城跡

先日、大文字山を越えて研究室に入った。平日だったにもかかわらず、登山者がちらほらいた。紅葉シーズンの観光を兼ねているのだろう。大文字山を越え、旧道に入り、銀閣寺方面への最後の下りを、気になっていた未知の道をたどることにした。・・・

続きを読む

2018/11/14

経済と山の師匠に再会

僕の経済と山の師匠に吉祥寺で会った。元通産省(今の経済産業省)でエコノミストとして知られた宮田満氏である。会ったのは、2007年11月、京都の山に登って以来だった。・・・

続きを読む

2018/11/14

ソフトバンクの早耳情報に激怒

今日(11/12)、東証はソフトバンク携帯子会社の上場承認を公表した。超大型で、個人投資家への知名度もある。このためか、日経新聞が上場承認の早耳情報を2回も書いた。東証が公表するまで機密のはずなのに、誰が漏らすのか。関係者の程度の低さが瞭然とする。・・・

続きを読む

2018/11/12

時計、プロトレットの言い訳

カシオのプロトレットをゼムピンで修理する話を書いたところ、「貧乏くさい」とか「もう少し上等なのを買えや」とかの声があった。友人のお勧めはスマートウォッチだとか。・・・

続きを読む

2018/11/11

関西と関東のアナゴ談義

サザエさんではないが、子供の頃のわが家では、昼頃に重要な来客があると出前の寿司を取ることが多かった。ついでに子供の分も注文してくれた。その寿司の中で何が好きだったか。断然、アナゴである。ウナギの蒲焼き風のが、甘いタレとともに酢飯に乗っていた。・・・

続きを読む

2018/11/11

中間決算の増益率に関して

今日の日経朝刊3面に、「業績 際立つ二極化」とあった。業種別に、電機、通信の増益率が大きいのは、増益率はともかく、理解できる。一方、時価総額規模別に、2兆円以上の企業の増益率が前年同期比41%とあったのには違和感があった。そこで、内容を調べてみた。・・・

続きを読む

2018/11/10

一難去ってもう一難の時計

またまた僕の時計、プロトレックの話である。止めてあった粗悪バンドのピンが外れた。以前から留め具のバネ式ピンが外れているので、ゼムクリップを切って代替している。そのゼムクリップ、安いメッキだから、汗で錆びてしまい、腐って外れる。その現象が昨日起きた。・・・

続きを読む

2018/11/09

アレクサは関東のおばちゃんか

以前に買ったアレクサ(アマゾンのエコー)に半年ばかり暇を与えていた。とはいえ、大枚をはたいて買ったのだから、しばらくぶりに働いてもらうことにした。結果はどうか。・・・

続きを読む

2018/11/08

プロトレックが生き返る

今年1月、山でも町中でも愛用していたカシオのプロトレックが壊れた。1/31に書いたように、時は刻むが、方位や高度はもちろん、時刻合わせもできなくなった。修理に出そうとしたところ、部品保存年数(10年)が過ぎたため不可能だと。時計の死亡宣告である。・・・

続きを読む

2018/11/07

携帯電話と総務省の怠慢

昨日、携帯大手3社の業績について書いた。と、その1社、KDDIからEメールが届いた。「(ガラ携)契約から2年が経過する、自動更新するかどうか、この期に解約するなら無料、それ以外の時点で(変なタイミングで)解約すると手数料がかかる」とあった。「変なの」だ。・・・

続きを読む

2018/11/06

携帯大手3社の業績は上々

携帯大手3社の経営に政府がちょっかいを出した。「料金が高すぎる」というわけだが、このちょっかい、あまり筋がいいとは言えない。とはいうものの、3社の株価推移を観察すると、政府がちょっかいを出したくなるのにも一理ありそうだ。・・・

続きを読む

2018/11/05

星ヶ城山を歩く

朝、土庄町からバスに乗り、草薙港で降りた。寒霞渓のロープウェイ駅、紅雲亭(280メートル)行きのバスに接続している。島のバスは300円が上限だから、便利に利用できる。多分、コミュニティバス的に運行しているのだろう。・・・

続きを読む

2018/11/04

イノシシが間近を走る高見山

小豆島のどこで泊まるのか。これも迷った。最終目的地は寒霞渓(神懸山)だから、それに近いのは小豆島町の草壁である。オリーブや二十四の瞳などの観光拠点でもある。しかし、これといった宿泊施設がなかった。調べると土庄(とのしよう)町にホテルが多い。・・・

続きを読む

2018/11/04

小豆島にフェリーで行く

小豆島を旅行した。関西から行くにはどうすればいいのか。島の旅は慣れない。調べるのに時間がかかった。中学1年の臨海学校で、日生(ひなせ)から船に乗った経験がある。とはいえ、一昨年、烏泊山を登りに日生に寄ったが、それが遠かった。・・・

続きを読む

2018/11/03

宇治平等院を半世紀ぶりに訪問

宇治の平等院、修復されたこともあり、訪れた。直前に訪れたのは小学校3年生前後の遠足だったと思うから、ちゃんと計算すれば、もはや60年近く昔である。・・・

続きを読む

2018/11/02


トップへ戻る